建設中の愛知県国際展示場、中部国際空港を視察

振興環境委員会の県内調査が行われ、建設中である愛知県国際展示場、中部国際空港株式会社と先日オープンしてすでに19万人の来場者があるフライト・オブ・ドリームスを視察しました。私は本年文教委員会でありますが、県の県内調査は地元議員も出席します。

「AICHI SKY EXPO」は2019年秋にオープン予定であり、現在順調に建設が進められています。年内には鉄骨や外装の工事が終わり、年明けから内装などの工事が次第に進んでいくことになる予定です。建設中の現場な中に入ると、展示場の大きさを実感することができますが、まぁとてつもなく大きな施設ができるもんだというのが率直な感想です。今後とも事故なく順調に進んでいってもらいたいと思います。

 

 

午後からは空港内に移動して、中部国際空港株式会社より空港の近況と取組について説明をうけました。委員の皆さまには二本目滑走路の必要性について、十分に理解していただけたことと思います。そして説明後はフライト・オブ・ドリームスを視察しました。平日でありましたが、多くの来場者があり、賑わいを見せていました。

愛知県国際展示場、空港について、まさに12月議会で質問をしますので、事前に振興環境委員の皆さまと展示場や空港の現状と課題等について共有できたことはありがたいことです。この地域の発展のために一丸となって取り組んでいきたいと思います。

地元議員としてあいさつ

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 辰矢

衆議院議員秘書等を経て2011年に常滑市議会議員に初当選。2015年4月の選挙において愛知県議会議員に初当選。