西知多道路要望活動を行いました

西知多道路の要望活動を行いました。

毎年3回行われる要望活動ですが、西知多道路はいよいよ12月1日に東海ジャンクションで起工式が行われることとなり、ようやく長い間の地域の夢が動き出すという状況です。しかしながら、東海市の一部区間、常滑市内を除いて未だ事業化されていない部分があり、特に常滑から知多市に入る箇所には現道がなく、このままでは使うことのできない道路になってしまいます。

今回は石原副知事、伊藤代議士を先頭に、東海市、知多市、常滑市の市長・市議会議長・県議、名古屋市、そして名古屋商工会議所、中部経済連合会、中部国際空港、名古屋港管理組合、臨海部の企業である出光などで要望活動を行いました。訪問先は財務省の太田主計局長、国土交通省は森事務次官、池田道路局長との面談と多くの関係幹部の皆さんを回りました。

必ず素晴らしい道路を開通させ、この地域の経済力をさらに高めて行きたいと思います。今後とも全線開通まで、しっかりと取り組んでまいります。