知多養鶏農業協同組合設立50周年祝賀会

知多養鶏農業協同組合設立50周年祝賀会に出席しました。

この10年間、養鶏農家の皆さんには様々なことがあったかと思います。鳥インフルエンザ、飼料高騰、低い卵価など、厳しい時代を経て、皆さんの努力によりようやく卵価も上がり、また組合で様々な商品を開発するなど、組合活動も大変盛んであります。

知多養鶏組合の皆さんと伊藤忠彦代議士が二人三脚で歩んできた取組を秘書として近くで見て、今は県議会議員として養鶏組合の取組に関わらせていただいています。また、知多養鶏組合の斎藤組合長が、現在、日本養鶏組合の組合長となったことも、この地域にとって大きなことです。いま、知多の取組は、日本のすべての養鶏農家が注目しているとの話もありました。

これからも微力ではありますが、知多地域の養鶏発展のために、組合の皆さまと努力していきたいです。また、美味しく安全な卵が、鳥の病気や災害などなく、県民の皆さんの食卓にいつも届くことを願っています。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 辰矢

衆議院議員秘書等を経て2011年に常滑市議会議員に初当選。2015年4月の選挙において愛知県議会議員に初当選。