農林水産振興PT、三河を視察

昨日より農林水産振興PTの1泊2日の視察で県内をくまなく回っております。

1、豊田森林組合(豊田市足助町)にて林業の現状についての視察です。9割放置されるという間伐材の活用を進めているようですが、なかなか利益を出すのが難しいそうです。

2、藤川まちづくり協議会(岡崎市)の会長宅でお昼を取りながら、むらさき麦を活用したまちづくりについてお話をいただきました。東海道の宿場町だった藤川を訪れた松尾芭蕉の句碑があり、その中にあるむらさき麦をまちづくりにと、様々な商品などを通し、農業とまちづくりを結びつけた活動をしています。

お昼ご飯はむらさき麦入りおにぎり、漬物、そして会長自慢のむらさき麦うどんをいただきました。美味しかった!

3、サイエンス・クリエイト(豊橋市)を視察。ICTを活用したハウス栽培で、様々な技術を導入したフルスペックハウスでトマトを栽培。出来るトマトは糖度5でスーパーで売っているものと変わりないとのこと。2期目は50トン収穫し現在3期目だそうです。

 

4、JAあいち経済連営農支援センター(豊橋市)を視察しました。産地振興や農家経営の安定に役立つ様々な生産技術の研究、情報提供に取り組んでいます。

5、JA愛知みなみのマムポートセンター(田原市)です。ここは輪菊の出荷場で、農家が持ち込んだ菊を従事者が出荷作業を行う。農家の労力軽減につながり、安定経営を図る。ここの菊は5割が首都圏、1.5割が地元で消費されます。

今日も7カ所視察です。頑張ります!
現在、日間賀島に向かう海上タクシーです。雨ザーザーです。