3月31日の常滑市内祭礼

ため込んだ記事ですいません。3月31日は3地区の祭礼にお伺いしました。

多屋区の祭礼は山車祭りです。

海椙神社で安全祈願祭を行い、山車は出発していきました。多屋区は榎戸区の隣で、この二区が鬼崎南小学校に通います。つまり、自分と小学校が一緒の同級生がいるのですが、私たちは厄歳であり、同級生が山車の梶をきっていました。新しい住宅街に神社が移設された珍しい地域でもあり、新旧住民がうまく融合できている地域でもあります。

小鈴谷区も山車祭りです。

酒蔵である盛田があり、多くの偉人を輩出した鈴渓塾のあった小鈴谷地区は歴史ある祭りです。「運行される山車にはソニーの創始者である盛田昭夫も乗ったよ」と、地域の方に教えていただきました。

大谷区も山車祭りです。

2台の山車があり、神社や公園などの休憩場所に来たときはそれらの山車を縦列に停めます。その寄せっぷりが圧巻です。

夕方には榎戸区に戻り、宵祭りに参加。前厄であり、地区の皆様に寄付のお願いに回る役をほんの少しだけやりました。おそらく市内の中で唯一の数え年で厄をするので、市内で榎戸区だけは来年が本厄です。