小倉区祭礼、常滑市民病院祭など

昨日は小倉区の春の祭礼が行われました。

名古屋型の山車はとても大きく、境内から出す時に若い衆が持ち上げていましたが、とても迫力がありました。その大きさ故、前々回の「とこなめ山車まつり」には参加できませんでしたが、前回は上山をばらし、参加することができました。60周年も山車まつりをやるぞ!そんな声も聞きました。

また常滑市民病院祭にも伺いました。

今回で第7回となる病院祭ですが、年々参加する市民が増えているように感じます。コミュニケーション日本一を掲げる市民病院として、素晴らしい取組です。

午後は創価学会主催の農漁業ルネサンス体験主張大会にお招きいただきました。全国の農漁業への取組の発表は大変参考になります。一次産業に光を。私も常々そう思っています。