有馬記念と賞金王決定戦

明日は公営ギャンブルの今年最後のビックレースが2つ行われます。

世間ではダントツに中央競馬の有馬記念が有名ですね。
もうひとつ、競艇の賞金王決定戦が行われます。
競艇は6艇で争われるのですが、レースの特性上、1号艇が非常に優位です。明日の競艇界最高峰のレースで1号艇をとったのは、地元常滑出身の池田浩二選手です。

常滑の選手が競艇王に一番近い場所にいる。
わくわくしちゃいます!

知多市出身で常滑高校を卒業した浅尾投手はMVPを獲得しました。
そして明日、もう一人常滑出身のアスリートがその世界でNo1になるかもしれません。
そうなったら常滑は盛り上がりますね~!

それにしても両方のレースとも地元における経済効果はすごいんでしょうね。
常滑競艇にもビックレースよこ~い。