中部国際空港議連で東京へ

中部国際空港拡充愛知県議会議員連盟で東京へ。

前泊し、朝は伊藤忠彦副大臣と空港関連の打合せ。その後、中部国際空港拡充議員連盟の川崎二郎代議士のもとへ近況報告、また3月30日に行われる3県1市の議員連盟設立総会のご案内をさせていただきました。空港以外にも愛知・岐阜・三重の東海地方として、人口減少、超高齢化社会の中、今後どういう方向性をもって取り組むべきか。非常に興味深い話を聞くことができました。

またその後、内閣官房、国土交通省航空局中部圏空港政策室、愛知県東京事務所、伊藤忠彦副大臣らと共に空港に関する意見交換会を行いました。
中部国際空港機能強化への課題等について率直な意見を貰いましたが、合わせて大きなヒントもいただきました。今後、愛知県議連の宿題としても、中部地区の物流のあり方など、中部経済連合会を始めとする経済界としっかり取り組みたいと思います。

中部国際空港所在地の常滑市選出の議員として、少しでも中部国際空港の利用増加のために、時間が合えば飛行機を利用します。いま羽田空港に向かうモノレールの中でブログを書いています。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 辰矢

衆議院議員秘書等を経て2011年に常滑市議会議員に初当選。2015年4月の選挙において愛知県議会議員に初当選。