海苔の初せり

半田市にある愛知県漁連海苔流通センターにて海苔の初セリが行なわれました。漁師の皆さんが精魂込めて育てた海苔が遂に仲買人たちによって買われる日で、初セリが行なわれるといよいよ私たちの家庭に今年の新海苔が並ぶことになります。

今年は仕事でお伺いできませんでしたが、昨年お伺いしたときは県内各地の海苔が試食でき、個人的に楽しかった思い出があります。もちろん仲買人の方々は真剣に味、香り、色みなどをチェックしていました。

私の同級生も何人か漁師をやっていて、昨年お伺いしたときはその友人に会ったので、どこが美味しいのか、どうやって海苔の良し悪しを見分けるのかなど教えてもらいました。なかなか出来ない経験だったので楽しかったです。

今年は猛暑の影響か少し海苔の質がよくないとの話も聞きましたが、無事年内に出荷でき、漁師の皆さんもホッとしていることと思います。
鬼崎の海苔を全国の皆さんに知って欲しい!その一念です。

↓写真は今年のセリ会場の様子です。友人に送ってもらいました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 辰矢

衆議院議員秘書等を経て2011年に常滑市議会議員に初当選。2015年4月の選挙において愛知県議会議員に初当選。