鬼崎の新のり出荷の季節です

鬼崎で漁師をやっている友人から、ぼちぼち海苔の出荷時期だと連絡をもらったので、さっそく工場にお邪魔してきました。

フル稼働で海苔を生産している工場内は乾燥機械やらの熱気でムンムン。工場内に海苔の香りが充満していました。遅くに行ったので海苔作りの前半過程は終了していましたので、途中から見せて頂きました。

海苔が乾かされて出てきました

一枚ずつ流れていき、穴あきなどのチェックをする機械に向かっています

いくつもの工程を経て美味しい海苔が出来るという事を見せてもらいました。今年は昨年のように魚害はなかったようですが、鳥害はあったようです。しかし漁師の皆さんがそれぞれ対応され、例年以上に美味しい海苔が出来たとのことです。

出荷作業が進んでいます

この後、今月末には出荷作業が行われ、12月2日に初セリが行われるようです。食卓に出回る日が楽しみですね!

ストーブで炙って一足お先に新海苔をパクり

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 辰矢

衆議院議員秘書等を経て2011年に常滑市議会議員に初当選。2015年4月の選挙において愛知県議会議員に初当選。