自民党愛知県連青年局の街頭活動で知多半島を一周

海の日、自民党愛知県連青年局の街頭活動で知多半島を一周しました。

この日は、知多、西三河、東三河の3つの部隊に分かれ、それぞれ街頭活動を行いました。私は地元でもあるので、知多の担当となりましたが、名古屋市内の県議・市議らは東三河を担当するなど、愛知県内で活動する青年局らしい街頭活動となりました。

知多半島は広いので、街頭と合わせて街宣活動も多くなりましたが、大府市にあるげんきの郷での街頭から始まり、南知多町豊浜の魚広場前では、森下県議や南知多町議の皆さまにもご参加いただきました。

そして常滑市においてはりんくうインター東交差点にて、市議の皆さんにも参加していただき、街頭活動を行いました。

とても暑い日で、しっかり日焼けとなりました。ただ、海の日らしく知多半島には多くの観光客、海水浴客にお出かけいただいており、自民党愛知県連青年局の思いをお伝えすることができたと思います。皆さん、お疲れさまでした。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 辰矢

衆議院議員秘書等を経て2011年に常滑市議会議員に初当選。2015年4月の選挙において愛知県議会議員に初当選。