自民党愛知県連青年部研修会@東京

自民党愛知県連青年部・学生部の中央研修会@東京に参加しました。

初日は常滑市総合防災訓練と重なり、遅れての参加となりました。初日にみんなが行っていたのは羽田空港の視察です。中部国際空港セントレアがある常滑市の自分としてはぜひ参加したかったのですが、しかたがありません。

2日目は霞が関での研修でした。
自民党党本部での小泉進次郎さんとの意見交換会では限られた時間の中でしたが、多くの学生からの質疑応答に丁寧に答えていただきました。
我々と同世代の衆議院議員。同じ視点で、同じ目線で歯に衣を着せぬズバッとした物言いに、多く刺激を受ける貴重な時間となりました。今の日本に必要なエネルギーを感じ取ることが出来ました。私は私の立場で、常滑市のために今日いただいたエネルギーを生かしていきたいです。

 

 

その後、参議院を見学したのち、参議院議院運営委員室にて鈴木政二議院運営委員長との会談が行われました。退室の際、先日常滑焼ものまつりへの出席のお礼をお伝えしたら、招き猫の話になりました。議員会館の自室にも常滑の招き猫が届くのを楽しみにしておられました。

 

 

その後は参議院議員会館の会議室での昼食後、バスで愛知県に戻りました。

おりしも本日は民主党の代表選挙。海江田さんと野田さんの決選投票の結果、野田さんが新代表となりなりました。帰りのバスでは青年部・学生部のメンバーはテレビにくぎ付けでした。

改めて今回の研修は自分の政治活動への刺激になりましたし、何よりも学生部の皆さんが楽しんでいました。多くの学生に参加していただきましたが、これから先は若い世代への政治参加は何よりの課題だと思います。今回のようなすばらしい機会を作っていただいた青年部研修委員会、学生部の皆さんに感謝です!

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 辰矢

衆議院議員秘書等を経て2011年に常滑市議会議員に初当選。2015年4月の選挙において愛知県議会議員に初当選。