ボートレース見学会

2月22日になりますが、ボートレースとこなめにて中国の航空会社や中国人客のツアーを扱う旅行会社の代表者らを招いた見学会が行われました。ボートレースを観光資源としてツアーに組み入れてもらおうと、市と空港会社が企画したものです。

中国語で製作されたボートレースのhow toビデオのようなものを見て、実際に舟券を購入したりして体験をしていったそうです。

お隣さんとして中国とは色々ありますが、マカオやラスベガスなどをはじめ世界中のカジノは中国人で溢れかえっており、彼らのギャンブル好きは周知の事実です。香港には競馬もありますが、ボートレースはありません。世界基準のギャンブルではないので、ルールを覚える所から始めないといけませんが、もし中国人のツボにはまれば、年々減少する競艇マーケットの救世主になりうるかもしれません。

常滑市競艇事業部は日々売り上げ向上に努力をしています。どうぞ市民の皆さん、応援してあげてください。そして市外の皆さん、ぜひボートレース常滑にお越しください。

◆ボートレースとこなめ
http://www.tokoname-kyotei.gr.jp/

◆中日新聞「常滑ボート、中国の旅行者向け見学会」
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20130224/CK2013022402000054.html

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 辰矢

衆議院議員秘書等を経て2011年に常滑市議会議員に初当選。2015年4月の選挙において愛知県議会議員に初当選。