台湾研修へ

自民党愛知県連青年局の研修旅行で台湾に来ています。

昨日は政府外交部の方々との懇談会。大きな一つのテーブルにての意見交換は、とても有意義な時間でした。

観光について、農産物の輸出入についてなどなど、多くの話題がありました。個人旅行で日本に来る台湾人が何を求めているのか。欧米人同様、「こと消費」がキーワードですね。

スーパーマーケットもじっくり見ましたが、日本製品が他外国に比べて圧倒的に多いですね。野菜なんかも空輸されてましたし。ただ、生卵は見当たらなかったです。日本が生卵を輸出する可能性について、色々アドバイスをいただきました。

今日は台湾総統府へ。
特にどなたかとお会いするということもなく、施設を見学する程度でした。

先日の野球大会、そして今回の研修、少し夏休みをいただいたような感じですが、同時に色々考えることもできました。

明日は委員会の県内調査へ地元議員としての出席からはじまります。

まずば、台風の影響を受けることなく、無事に地元に帰れることを願い、空港への電車に乗っています。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 辰矢

衆議院議員秘書等を経て2011年に常滑市議会議員に初当選。2015年4月の選挙において愛知県議会議員に初当選。