鬼崎中学校卒業式へ

常滑市立鬼崎中学校の卒業式に出席しました。

学校での思い出を振り返り、学校や友達、先生たちとの別れを悲しんで涙を流す生徒たちの姿を見て、素晴らしい別れの歌を聞き、皆さんとともに校歌を歌わせて頂いたら、ウルっと来てしまいました。とても素晴らしい式でした。

卒業生の皆さん、保護者の皆さん、おめでとうございます!

それにしても鬼崎中学校の校歌、改めていい校歌だと思いました。1番から4番まであり、四季を歌っているんです。先日、一般質問で漁業振興について質問しましたが、4番を聞くと鬼崎中学校生には漁業のDNAが流れているんだなと思いました。

【鬼崎中学校校歌の4番】
冬濤(ふゆなみ)の波頭さわぎて磯松を
鳴らす潮風学舎の
窓にひびかい荒るる日も
港いでゆく船のかげ
われら腕(かいな)をいざ鍛えん

春夏秋冬、鬼崎地区の景色が浮かぶ校歌ですが、一度も「鬼崎」とも「鬼崎中学校」とも出てこないんです。

あと、初心を忘れないように「不断の努力」の石碑を見てきました。さぁ、しっかりやるぞ!そんな気になりましたよ。