鬼崎南小学校入学式

鬼崎南小学校の入学式が行われました。

色々あって初めての参加となりましたが、卒園式や卒業式とはまた違った良さがありますね。

パイプ椅子で地面に届かず、足をプラプラしている姿が可愛らしいし。

子どもたちにハード面、ソフト面ともにしっかりとした教育環境を整備してあげることが、私たちの責務であると、何度もうったえてきました。

幸い平成25年度3月補正予算で、この鬼崎南小学校は3億6千万円余の予算をつけ、老朽化した校舎の改修を行い、子どもたちが安心して学ぶことのできる環境作りに取組むことができることとなりました。

しかし昭和40年台に建てられた常滑市内の小中学校は、まだまだ早急な改修を必要としている所もあります。

ソフト面の充実には保護者や地域の方の協力も必要となってきます。地域で行われる祭りなどは子どもたちに郷土愛を育んでもらう絶好の機会となります。保護者の方にも様々な場面でご協力いただき、教育環境を充実させていってあげたいですね。

何はともあれ、ご入学おめでとうございます!

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 辰矢

衆議院議員秘書等を経て2011年に常滑市議会議員に初当選。2015年4月の選挙において愛知県議会議員に初当選。